金属材料・新素材・電気・機械分野の特許出願・権利化・権利活用のエキスパート

技術分野の専門知識と特許庁での審査・審判経験を有する弁理士が、発明の掘り起こし、
特許調査、特許出願、権利化など 知的財産の権利化・活用をトータルサポート。
お客様の特許に関するお悩みに親身になって対応いたします。

 

先行技術を考慮した発明の把握とクレームドラフティング、権利化および権利行使を踏まえた明細書の作成、早期権利取得のための審査対応戦略など、特許出願・権利化に対してあらゆる角度からのサポートで、新しい技術開発、研究開発戦略に貢献します。
 
 

当事務所では、金属材料・新素材・工具材料分野に強みを有しており、実績も豊富です。特許出願には、出願前から綿密な出願戦略が必要です。また、出願後も審査請求の時期、早期審査請求を使うか否か、拒絶理由へどう対応するか等、長期的な対応が必要です。当事務所では、弁理士がお客様とともに考え、ベストソル―ションを提供いたします。

中小企業や個人事業主の方に特に負担となるのが、知的財産管理のために専門の部署を設置し人員を割き管理をしていくことだと思います。当事務所では、特許の出願はもちろん、その後の権利の活用方法まで親身にサポート致します。御社の知財部として、御活用ください。

当事務所の弁理士は、4名全員が特許庁のOBです。特許出願の際のポイントを的確に把握し、お客様の主張が間違いなく盛り込まれた書類を作成します。分からないことや不安なことは何でもご相談下さい。


サービス内容

材料関連技術

  • ・鉄
  • ・超硬合金
  • ・サーメット
  • ・銀粘土
  • ・合金ターゲット etc.

工具材料関連技術

  • ・インサート
  • ・エンドミル
  • ・ドリル
  • ・表面被膜工具

表面処理関連技術

  • ・PVD
  • ・CVD
  • ・電気メッキ
  • ・溶融メッキ
  • ・拡散メッキ etc.


電池関連技術

  • ・リチウムイオン電池
  • ・ニッケル水素電池
  • ・燃料電池 etc.